森の段床
NOJIRI-KO NATURE PLATFORMS
長野県
野尻湖畔に佇む山荘

敷地周辺の豊かな風景と一体化し、時と共に移ろう、大らかで豊かな住まいを目指しました。

大地の起伏と木々の配置に応答するように、積層する5枚の床面を計画しました。広さや高さ、素材の異なる床面は、森との様々な関係によって多様な居場所群をつくりだします。重なりあう床面の間には、新しい行為やモノの配置が生まれ、自然×ヒト×モノが漫然一体となった新しい風景をつくります。また、構造フレームでもある柱と横架材は、リノベーションの拠り所にもなります。季節の移り変わりや、住まい手の変化などに合わせて空間を変化させることで、自然と共に成長する暮らしを可能にしています。

建築物の中でヒトやモノを支える床面を、森や自然と共にデザインすることで、自然に遊び、発見し、学び、暮らすための居場所をつくりました。それは正に、湖と森の魅力と一体化し、時間と共に移ろ、風景に開かれた建築のあり方を示しています。

Data Sheet
  • 建築設計
    SUGAWARADAISUKE建築事務所 (担当:菅原大輔、上赤坂典幸/設計、中澤宏行/監理)
  • 構造
    TECTONICA INC. (担当:鈴木芳典、五十嵐日奈子)
  • 照明計画
    灯デザイン(早川亜紀)
  • 施工
    株式会社ミズケン(担当:大坂寛爾)
  • 写真
    Jérémie Souteyrat
  • 場所
    長野、日本
  • 設計期間
    2016.06-2017.05
  • 工事期間
    2017.06-2017.12
Prize & Media

2021FRAC

2020 かたちが語るときーポストバブルの日本建築家たち(199-2020)展(主催: 一般社団法人 日本建築設計学会(ADAN)) / フランス

2019DETAIL / GERMANY

2019住まいNET信州(SDC) / JAPAN

2019第45回東京建築賞 戸建住宅部門 最優秀賞(主催:東京都建築士事務所協会) / JAPAN

2019iF DESIGN AWARD 2019 / GERMANY

2018第50回中部建築賞(主催:一般財団法人 東海建築センター) / JAPAN

2018Design for Asia Awards 2018 Merit Award (主催:Hong Kong Design Centre) / HONG KONG

2018住宅特集_2018_08 (新建築社) / JAPAN

2018ARQA (web magazine) / ARGENTINA

2018Arquine (web magazine) / MAXICO

2018BauNetz (web magazine) / GERMANY

2018AECCafe (web magazine) / USA

2018Dwell (web magazine) / USA

2018HiConsumption (web magazine) / USA

2018dis-up! (web magazine) / CHILE

2018dezeen (web magazine) / UK

2018Archdaily (web magazine) / CHILE

2018ImHOMESTORY (web magazine) / KOREA

2018gooood (web magazine) / CHINA

2018Building (web magazine) / INDONESIA

2018designboom (web magazine) / USA