“Body LandSpace” @ ORLEANS
BODY LANDSPACES
フランス

「フランス的」と「日本的」
フランス、オルレアン市で開催される代表的な建築の展覧会「ArchiLab 2006 Japon」のための作庭計画。
白紙から構築するフランス庭園のような作り方も考えられたが、
既存を発見し、ズラし、拡張していくような日本庭園の作り方を目指した。

「観賞」と「体感」
計画地の地面、壁面にそれぞれ白砂、植栽を配すことで、場を包み込む面群を一体化し空間化した。
これによって観賞の対象としての植込みから、体感される空間=庭園の構築を目指した。

「運動」と「状態」
庭園に起伏をもった市松模様の鏡面群を新たに挿入する。鏡面群は白砂の上で水面のように空や植物を写しだす。
遠景では日本庭園の岩のように固体として存在するが、体感者の運動によって地面を覆うように面になり、
さらに写像をもって画素のように粒子化する。

Data Sheet
  • 建築設計
    SUGAWARADAISUKE/菅原大輔 + 前田茂樹
  • 施主
    ARCHILAB 2006
  • 場所
    オルレアン, フランス
  • 写真
    小野祐二, 前田茂樹 (一部レタッチ: SUGAWARADAISUKE)
Prize & Media

2007Design Today(India Today Groupe) / インド

2007Domus (Domus) / イタリア

2007ARHITECTURA (ARHITECTURA) / ルーマニア

2007Indoor Green Style (商店建築社)

2007日経アーキテクチャー (日経BPマーケティング)

2007ARCHILAB 2006 Japon (Frac Centre) / フランス

2006新建築_2006_12 (新建築社)