東京日仏学院リノベーションと増築
IFJT DIALOG GARDEN
計画概要

フランス政府の在日文化交流機関「東京日仏学院」の増改築設計競技、最終審査の提案。

プリッツカー受賞者のSANAA、坂茂建築設計に加え、藤本壮介やみかんぐみ、SUGAWARADAISUKE建築事務所を含む7チームで争われた。上位にノミネートされたが、惜しくも一等は逃した。

仏日文化を創造し発信する、未来の対話のプラットフォームをつくる

慶長遣欧使節が南仏を訪れて以来、フランスと日本の歴史は約200年を数えます。政治経済だけでなく文化においても、フランスと日本の対話とその創造は、世界的に注目を集めます。

IFJTは、日本国内におけるフランス文化の中心であり、両国の対話の中心でもあります。そこで、本計画では、200年紡いできた両国の対話を促進し、日本から世界に向けて、フランス文化を発信する未来の拠点つくりを目指します。

プロジェクトシート>>

ダウンロード

Data Sheet
  • 全体統括
    SUADAISUKE建築事務所 (担当:菅原大輔)
  • 建築設計
    SUGAWARADAISUKE建築事務所 (担当:菅原大輔、中澤宏行、上赤坂典之、Matthieu Provoost)
  • 構造設計
    佐藤淳構造設計事務所(担当:佐藤淳、荒木美香)
  • 設備設計
    ZO 設計室 (担当:伊藤教子)
  • ランドスケープ
    桝井淳介デザインスタジオ(担当:桝井淳介)
  • 劇場計画
    本杉省三
  • 積算
    舘建築積算事務所(担当:舘厚志)
  • 防災計画
    日本防災研究所 (担当:油野健志)
  • 照明計画
    灯デザイン(担当:早川亜紀)
  • 協力
    市村梓、山本亜弥香
  • 場所
    東京、日本
  • 設計期間
    2017.01-2017.03